2014 collection pour Automne-Hiver

2014 collection pour Automne-Hiver

web_qq-14AW「SOME LIKE IT HOT !!!」

「SOME LIKE IT HOT! ! !」とは「お熱いのがお好き!」の意味。
マザーグースの手遊びのフレーズを引用した、かの有名な映画のタイトルのコトバ遊び。
ここではデセールショコラを意味します。
フレンチレストランやビストロ及びカフェ、サロンドテ、あるいは
ハイクラスなパリ行きの便の機内食などに登場するデセール。
デセールショコラというフレーズで様々な幸せなシチュエーションが浮かんできます。
中でも「Assiette de Dessert (皿盛りのデザート)」たるデセールのショコラ。
一つのお皿の中で完結した物語の中に遊び心と果てしない洗練を感じる小宇宙の景色。
歓喜と甘美な幸せな気持ちを呼び覚ますショコラのデセールのもたらす明るい未来。 高揚感で満たされる至福なひとときは洗練と刺激を与えてくれます。

テイクアウトもよいけれど、皿盛りのデセールはやはり最上級な幸せの小宇宙。
お皿の中の小宇宙にもきっと黄金比があるのではないかと思われます。

ここでのデセールはショコラ。中でもフォンダン・オ・ショコラに焦点を当ててみました。
シンプルでシックな外観。外側がドライなのに真ん中がとろりとした食感の面白さ。 五感に働きかける心地よい刺激、「きゅん」とくるような、ときめきの魔法にかかってしまいます。

更にシャルル・トレネ(Charles Trenet)の1938年の作品「BOUM !」をイメージ。 シャルル・トレネは、”シャンソンの父”、”歌う狂人”と称された
作詞家、作曲家など色んな顔を持つ多才なシャンソン歌手。
歌詞の中に登場する”ブン”という言葉は恋する気持ちで心臓がドキドキする音を表現。 これを舞台で踊り歌うトレネを観て、ジャン・コクトー(Jean Cocteau)は
トレネに”歌う狂人”という敬称「Le fou chantant」を贈ったといわれております。 歌詞の中の軽妙な擬音とトレネの独特な踊りにどきどきわくわく感が表現されていて デセールショコラの幸せ感と相通ずるように感じ、新しいトリコロールカラーで表現。
ショコラと好相性なカラフルな配色及びシックな配色の組み合わせで展開しております。

2014年秋冬のカトルカールのテーマは「上質な遊び心」。
普遍的ながらも賛沢にコミカルにかつ、シックに。
例えば、旅先のフレンチレストランのディナーにも着ていけるニットに加え、
雨の日も寒い日も暑い日も長く快適な気分で過ごせる、特注の新黄金比の素材。
デセールショコラを楽しんで頂けるようなアイテムの提案をしております。

2014 COLLECTION pour PRINTEMPS et ÉTÉ

2014 COLLECTION pour PRINTEMPS et ÉTÉ

web_14ss-dm「 RICE BALL GAME!!!」

「ライスボールゲーム」とは「Baseball game(ベースボールゲーム)」のコトバ遊び。
例えばフランス人が考えた日本食の「おむすび」、あるいは「パリの日本人」のような意味合い。
王道と異なりつつも、組み合わせの妙による新しい発見で不思議と腑に落ちるような面白さ。
いつもの自分が少しだけ新しい自分になれるようなリフレッシュされた、明るい未来の予感。

日常の中で常にニュートラルでありたいと思いながらも、そうもいかない事は沢山あります。
心の中が様々な事から解放された瞬間、心が洗われたような気分になります。
フレッシュではなく「リ・フレッシュ」された幸せな感覚は大人の醍醐味に思います。

カトルカール的な解釈で「白い、白い日」が今シーズンの軸となるテーマです。
今回は心が洗われるような「白」がイメージのベースとなっています。
・「G線上のアリア」…バッハの名曲
バッハ生存中は名もなき楽曲の一つで、没後100年の年月を経て発掘及び編曲された名曲。
名もなき曲が時空を超え、人の手が加わり更に新たな息吹を生み出して心に届く奇跡。
レクイエムではないのに様々な事が浄化されて癒されていくような美しい旋律、 白い光を連想させる崇高な静けさの中に存在する強くて優しいエネルギー。

・「鏡」(1975年)…アンドレイ・タルコフスキー監督の映画
言葉によって失うもの、沈黙によって失うものの両方を映像化した作品
記憶の中に「永遠」が存在する事を「鏡」を通して映像になるもの、ならないものとの隙間の描写。
鏡の中に映る景色、光と水の描写の光と影を併せ持った、独特な色気。
・夜と朝の間の夜明け前の白い朝
・究極の配合の塩むすびとシャルドネの白ワイン、シャンパンの組み合わせ。
お米自体にほんのり甘みがあり、組み合わせにより主役にもアクセントにもなる順応性。
炊き上がりの光沢感及び透き通ったお米の神々しい「白」。
日本茶などの定番ではなく白ワイン、シャンパンなどのクールな組み合わせがポイント。

時代を経ても変わらぬ普遍的な日常着の存在価値はクラシック音楽の普遍性に近い気がします。
モードとクラシックは真逆ながら実は紙一重なのかもしれません。
儚さと強さ、光と影、夜と朝、静と動など、「相反する」ものが実は背中合わせだったりする面白さ。
「白」とのコントラストの対比が楽しめる色の組み合わせ。
クリーンでスポーティブでクラシック、など意味合いに含みを持つ、
「相反する」遊びを今回は純然たる「ニット」に特化してお楽しみ頂けるような
「含みを持つ美味しい」提案をしています。

http://www.quatre-quarts.info/item/

「Le mofumofu…zzz」

_MG_9817

もふもふアイテムは手編み。ウール100%。

ネコ耳ニット帽はリバーシブルで着用可能です。

「意外と」良いんです。思う程キワモノじゃございません。

耳の付いていない裏側はクラシックなフォルムなので

表も裏もお楽しみいただける大人にも楽しんで頂きたいアイテム。

もふもふアイテム、特筆すべきポイントは「毛」が衣服につきにくい事。

 

_MG_9614 _MG_9617

 

 

 

 

 

 

ミニケープは幾通りもの着用の仕方が楽しめます。

後ろが長めなデザインです。

アリバイ、作れます。

 

_MG_9637

_MG_9643

_MG_9100

「QQ ALIBI LOOK」

_MG_9829

カトルカールのアリバイルック。

カトルカールでは、いわゆる「カタログ」「LOOK BOOK」

のようなものは現状お作りしておりません。

「カタログを送って下さい」「カタログが欲しい!」などというお声も

沢山頂いておりますがご希望にお応え出来かねる状況で

大変申し訳ございません。

まだまだ整えたい課題が沢山、本当に沢山ございます。

地道に進化及び成長していければ、と思っておりますので

何卒、ご理解とご了承頂きたく思います。

今回は「etc.」用に人が着用した画像の奇跡の一枚の内訳をご紹介。

 

_MG_9690

_MG_9352

 

 

 

_MG_9494

 

 

_MG_9602

「Mendiant pull」

_MG_8649_MG_8646

 

 

 

 

 

 

 

「マンディアン」のプルオーバーは2way可能です、の補足。

コンパクトなシルエットで着丈も短めで、後ろスナップボタンあき。

非常に老婆心ながら着用の仕方の補足です。

勿論全部留めて着用しても良いですが、第二釦から下の

スナップは留めずに開けて着用して頂き、中に着たシャツなど見せて

重ね着感を是非楽しんで頂きたいです。

後ろを前に着用すると、ボレロカーディガンにもなります。

ややスタンド気味の襟ぐりで前と後ろの下がりを同じ設定にしてます。

しかしながら後ろを前にして着用するとポケットは後ろに・・・

という矛盾も。これはアリバイニットです、という事でお許し頂きたく。

_MG_8715_MG_8706_MG_9025

 

 

「Mendiant…」

_MG_8608_MG_8642

 

 

 

 

 

 

 

マンディアン。

ドライフルーツやナッツなどが飾られたショコラ。

一見すると地味目なチョコレートですが鼻に抜ける香り、

ビターな甘さのレーズン、イチジクやオレンジピール、

香ばしいアーモンド、ピスタチオなど、いろいろな味が

ショコラとして楽しめるので思い出すだけでわくわくドキドキ、

無条件にときめいてしまいます。

1つに混ざり合った味わいの面白さから「マンディアン」と命名。

ウールの4色のオリジナルカラーのかすり糸を3本撚って作った素材。

一枚一枚異なった、独特なメランジ感がお楽しみ頂けるアイテム。

メランジ具合が迷彩のようにみえるニットですが

「美味しそう」な色の組み合わせがポイントです。

プラリネローズのピンク、マッチャのグリーン。

目をつむり「マンディアン」を堪能しながら、思い出してときめきながら

企画しましたとさ、という補足。

_MG_8615_MG_8611_MG_9584

 

「Vins de Bourgogne」

_MG_8595 _MG_8599

 

 

 

 

 

 

ブルゴーニュのワインの色。

ブドウからワイン、シャンパンになるプロセスは熟成と洗練に等しく。

ピノ ノワール種の黒ブドウにシャルドネ種の白ブドウ。

光の加減で見え方が異なる深い味わいのニットコートとニットパンツ。

色名をコトバで端的に表現するのが難しい、独特な「色気」。

そんな訳で「Bourgogne(ブルゴーニュ)」的シックな色合いと思い命名。

最高級ラムウール、ジロンラムの3色の異なった色の糸を撚って

独特な色の「色気」にこだわって仕上げております。

自分にとってジロンラムはウールの中ではとりわけお気に入りで、

最もウールらしいウール品格でニットらしいニット素材と捉えております。

ざっくり感が軽くて温かい、ちくちくしなくてソフトな肌触り。

ここで色のタネ明かしを少々。

黒に限りなく近いミッドナイトブルーに黒に限りなく近いブドウ色に

チャコールグレーを組み合わせた色は「pino noir(ピノ ノワール)」。

淡いシャルドネメランジなグレーにシャンパンロゼのピンク、

シャンパンベージュを組み合わせた色は「chardonnay(シャルドネ)」。

ブルゴーニュのときめきに乾杯!!!

_MG_8697_MG_8683

 

_MG_9271

 

_MG_9274

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「Chocolat Tabelettes!!!」

_MG_9375_MG_9360

 

 

 

 

 

 

 

ショコラタブレット。つまり板チョコの事。

板チョコを感じる凹凸感のあるワッフル編みでアーミーセーターを作りたいと思いました。

ショルダーにエルボーに同素材のパッチ付き。

ヴィンテージのアーミーセーター、実は沢山所有しています。

粗野感のあるちくちくした男気なウールは格好良いですが

正直肌に当たるとがさっと痛いのと重量感のヘビーさが弱点。

そこで今回、特に程よいざっくり感としなやかな肌触りの、

敢えてヴィンテージとは真逆のウールの上質素材にこだわりました。

毛羽の出にくい、通常はファインゲージに使われる

梳毛(カシミヤに近い繊維長)を太番手に施し、

しなやかな光沢感のあるメリノウールで展開。

ちくちくせず、ふくらみ感があり、とにかくしなやかな肌触りがポイント。

ウールは通常洗うと縮みやすいデメリットもありますが、

特にこちらのウールは手洗いしても縮みにくいのもポイントです。

そのかわりワッフル編み特有の伸縮性もあり、

逆に伸びやすい傾向がございますので、

お取扱いには十分なケアをお願い致したく思います。

因みに余談ではありますが、ショコラの溶ける温度は28℃。

ショコラを美味しく頂く適温は15℃~20℃とか。

美味しいモノを最高に美味しく頂くには扱いも大切に丁寧に。

_MG_9379_MG_9382

 

 

 

 

 

 

 

「champagne・rose」

_MG_9352シャンパーニュ・ロゼ。

カトルカールでは毎シーズン、何かしらの新しい「ピンク」の提案を。

思わず顔がほころんでしまいそうな、「きゅん」とくるような

ときめきの幸せ色、ピンク。

因みに私自身あまり着用する機会のない色ですが、憧れの強い色です。

思わずテンションの上がってしまうピンクに出会うと

わくわくどきどき、ときめいてしまいます。

照れずに堂々と着こなせる「ピンク」を模索及び追求し続ける日々。

2013年秋冬はときめくピンク色のアーミーセーターを!と企画。

アーミーセーターなのにピンクって何だかときめきませんか?

ちょっとcw.ニコルさんみたいに見える「ch.rose」と色名の表記は

シャンパーニュ・ロゼの略という補足。

別名「イイ人ピンク」と呼ばれている2013年秋冬の新色、

シャンパーニュ・ロゼ色。さほど甘口ではございません。

着用すると何故だか通常の2割増し位「優しい、イイ人」に見える不思議。

甘口ではないピンク。シャンパーニュ・ロゼで乾杯!

_MG_9348

 

「QQ COLLECTOR TRICOT②」

 _MG_8890_MG_8860

 

 

 

 

 

 

 カトルカールコレクターズ定番アイテム。

カトルカールのボンボンカーディガンは毎シーズン色違いで揃えて

いらっしゃる方も多いようです。

お店からは「まだかまだか?」と急かされ…いや、楽しみに待って頂いている位に

大変人気を頂いているアイテムです。

西日本での展開が中心で東日本の方々からの本当に沢山のお問い合わせの対応に

全てお応え出来かねる事もあり、大変申し訳なく思っております。

出来る限り対応させて頂きますので、これに懲りず、引き続きよろしくお願い致します。

 

2013年秋冬の「ボンボンショコラ」のボンボンカーディガンの補足説明を少々。

b.roseはビスキュイ・ロゼの意。シャンパンに浸していただくスイーツ。

citron vertはライム。緑味を帯びたビビッドなイエローで鼻に抜ける香りがポイント。

truffeはこっくりと温かみを感じるトリュフのブラウン。

前立て部分や袖口ポケット口が赤の色名は「キールロワイヤル」。

今回のカトルカールの中では一番クリアな「赤」の提案です。

配色版のアメ釦はワインに因んだ色のグラデーションになっております。

ピノ ノワール(黒ブドウ色)、ルージュ、ロゼ、シャンパーニュ、シャルドネ(白ブドウ色)

ショコラとワイン、キールロワイヤルなどの新しい組み合わせ、お楽しみ頂ければと思います。

_MG_8918