2013 collection pour Automne-Hiver

2013 collection pour Automne-Hiver

dm2013aw「 Bacchus&Hitchcock!!!」

「バッカスと ヒッチコック」。言い換えると「スリルとサスペンス」のコトバ遊び。 バッカス…ローマ神話の酒神。豊穣とブドウ酒の神。 ヒッチコック…サスペンス映画の神と謳われる。 高揚感及び謎解きといった、種類の異なった「ドキドキする」ような意味合い。

2013年の秋冬は「熟成と洗練」がコレクションの核となるテーマ。 樽の中で熟成され、更に瓶詰めされてからも変化し続ける、ヴィンテージワインのような「熟成」。 ヒッチコックのサスペンス映画でトリックの謎解きをしているような機知に富んだ「洗練」。 ヒッチコック作品には人間の持つ二面性の心理描写をモチーフとされているものが多く、 既に手にしているのに気づかない、失って初めて気づく「本当の幸せとは?」について 映画の中で教えられているような気がします。

スリルとサスペンスは常に背中合わせ。スリルを味わい、謎解きをし続ける日々。
限りある時間の中で至福に感じるひとときは幸せな記憶として刻まれ、幸せな思い出に熟成。
日々積み重ねられ次第に円熟した深い味わいとなる進化過程はまさしく芳醇なワインの如く。

幸せな「記憶の中の色」に遭遇する事があります。謎解きのようにふっと思い出す事があります。
記憶の中の色に「今」と「思い出」とが重なり、心の琴線に触れたような高揚感と
謎解きの後のどこかホッとする懐かしさのような相反する感覚。
ブルゴーニュの赤…赤ワイン、キールロワイヤル
ブドウからワイン、シャンパンになっていくまでの熟成過程の色の移り変わり。
ワイン、シャンパンに合う、ショコラ、ビスキュイロゼ、プラリネなどの組み合わせ。
ボンボンショコラのフレーバー…ライム、カシスなど鼻に抜けるような香りと色の記憶。

「熟成と洗練」の美しさにはある程度の時間を要します。
みずみずしい色気とは時間を積み重ねて変化していく色の危うい深さにあると思います。
新しい特注素材は熟成させて進化したものです。つややかでしっとりとしたテクスチャーもポイント。
今回のカトルカールでは二面性を持つ遊びを加え色の深みを重ねて味わって頂きたく、
ワインのテイスティングとサスペンス映画の謎解きをしているような日常着の提案をしています。

http://www.quatre-quarts.info/item/